韓国のハンセン病研究者・徐舜鳳さん
TBSの「ビデオ」にも出た、また、滝尾英二『陳述書』の冒頭(5p)にも書いた韓国では著名なハンセン病研究者の徐舜鳳さん(国立慶北大学名誉教授)と、その大学の教え子で、皮膚科医であり、長く定着村運動に(初期)関わり、また、戦後の小鹿島病院の医務課長だった河龍馬先生。