1945年8月21日、西亀三圭園長らに雇用されていた朝鮮人職員らの手により、患者自治委員ら84名が虐殺された。「哀悼の追慕碑」は、虐殺された84名を追慕する為に、現在の「本館前の場所」に建てられた。