滝尾英二編・解説『植民地下 朝鮮におけるハンセン病資料集成』全8巻を韓国政府の保健福祉部・健康増進局の呉大奎(オテギュ)局長に寄贈する滝尾。呉大奎(オテギュ)局長は、元・小鹿島病院長(1995年3月に滝尾は小鹿島を訪問した際)に在任し、衆議院議員であった金子哲夫・川田悦子両議員が、韓国の国会を訪問した際の「韓国政府のハンセン病問題」を韓国政府を代表して説明した政府の要人であった。撮影場所は、同局長室である。