「哀悼の追慕碑」の除幕式には、日本から一人・滝尾が正式に招待され、参加した。除幕の綱も滝尾は引かせてもらった。