いざ、北生里へ。私も若者たちとともにトラックの荷台へ乗って。カーブの多い道にかかると、ふり落ちそうになり、若者たちは私の体をささえてくれた・・・。