李ハルモニの前に置かれた木製の小さな桝は、「これだけしか、 小鹿島更生園当局から、米麦を呉れなかったのだということをいつか訴えたかったので、残していた小さな桝だ」と、李ハルモニは訴えていた。